忍者ブログ
CATEGORY : []
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/13 08 : 46
CATEGORY : [お山の寄寓生活]
台風4号は、立山くんのおかげで富山にはなんの影響もなく、わたしたちの畑にも被害はありませんでした。でも、ビーツの若い芽は風に折られ、ところどころ台風によって間引かれてしまいました。残ったビーツは、それなりに元気。

ビーツの芽が倒れないように、そっと土を寄せる。たんこさんに言わせると、この慈しみが美味しいビーツをつくる重要な儀式なのだそうだ。寄寓人の手でやってもビーツが喜んでくれるかどうかはわからないけれど。
じゃがいももすくすく育っていますが、散歩途中の村のおばあちゃんによれば、ちょっと遅いねぇとのことでした。そういえば、まわりの畑のじゃがいもはすごく生い茂っています。ま、我が子同様、それなりに自分のペースで育てばいいのです。

素人がやっているんだから、それなりに素人っぽさを全面にだしてやりましょう。それもガルテンの愉しみ。ゴーヤタワーをつくろうと苦心の作です。たこ糸でグルグル巻き。不格好でたのしい。いろいろ村の人たちは教えてくれるけれど、あんまりよくわかっていない寄寓人です。それでも育つには育つ。

最近は、たいちさんも山での暮らしは、なんやかやといろいろあって、充実しているようです。朝早く、親よりも早く起きて、One Pieceを読んで、ガッキーの大工仕事の手伝いをして、捕ってきたオタマジャクシ観察して、なにやら村上山荘で邪魔して(本人はお手伝いと主張)、お駄賃にコーラを飲んで、帰ってきたら始めたばかりのキャッチボールを寄寓人とやり、夕方になったらまたできるというジャガイモの味噌煮っころがしを味見しにまた山荘に出かけ、それを言い訳にして山荘でテレビを見て、おうちにもどると学校の宿題の日記をせっせと書く。一日中、ぼぉ〜としている寄寓人よりはるかに積極的なお山の暮らしです。ひとりで出かけるようになったら、山の暮らしが俄然たのしくなったようです。それに、山の人たちの子供達への視線は常にやさしい。ありがたいことです。

拍手[1回]

PR

2012/06/24 22 : 35
こめんと [ 0 ]
<<マンマァ〜! | HOME |ほっぺにソース>>
COMMENT
COMMENT WRITE















<<マンマァ〜! | HOME |ほっぺにソース>>

忍者ブログ [PR]