忍者ブログ
CATEGORY : []
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/28 05 : 49
CATEGORY : [お山の寄寓生活]
お山の畑はまだ土が乾いていないから、耕すことができない。というわけで、たいちさんの運動場になっています。とにかく棒が大好きたいちさん。雑伎団にでも入りたいのかしら。

「すごいものみつけちゃった!」手を引っ張られて見に行ったら、溝にカエルのたまご。ん〜グロテスクなり。

だいたいはお部屋でぼぉ〜とするか、お外でぼぉ〜とするか、結局一日中ぼぉ〜とするのがこの季節のお山の生活。
文庫小説を買ってお山に籠もる。それもまた愉しみ。
有川浩の『図書館戦争』と『阪急電車』を八尾の宮脇書店で仕入れる。
最近気づいた。百田尚樹の『永遠の0』を出張帰りのはくたかで読んで号泣し、万城目学の『鹿男あをによし』を読み、そして有川の小説を読んで・・・、共通点は偶然にも児玉清でした。児玉清の解説は、いつも本大好きって伝わってくるからいい。本大好き!いいな児玉清。亡くなるまでとてもみずみずしい感性をもってらっしゃったんだね。
みずみずしいと言えば、また食い気に走るけど、菜の花がおいしい。畑にはなにもないけれど、去年だれかさんが畑に置き去りにしていったカブから菜の花が咲いています。お味噌汁にいれると春を感じる菜の花。菜の花のお漬け物も、美しい緑のなかにちょっと黄色い花が混じっているところがなんとも素敵で、みずみずしくておいしい。

小説を読んでいると膝の間からかりんさんがのぞく。これまたおいしそうな笑顔。な〜んにもやることないって、愉しいなぁ。

拍手[1回]

PR

2012/05/08 22 : 49
こめんと [ 0 ]
<<ながたんの山が嗤う | HOME |エイリアンのたまご>>
COMMENT
COMMENT WRITE















<<ながたんの山が嗤う | HOME |エイリアンのたまご>>

忍者ブログ [PR]