忍者ブログ
CATEGORY : []
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/17 22 : 49
CATEGORY : [出張ごはん]
静岡は遠い。たんこさんは、富山が遠いのよと言う。そのようにも思う。
静岡駅に到着したら、へろへろでホテルのベッドに倒れ込む。このままではせっかくなにか美味しいものでも食べておいでと送り出してくれたたんこさんに何も報告ができないということで、静岡おでんを食べに行く。
私はひとりで飲みに行くのが苦手だ。知らない人と飲むのも苦手。酒は誰と何処で何のために飲むかがとても重要とのシベリアのうわばみアンドレイの言葉をウォッカ道とする寄寓人は、ひとりでは飲みに行かないのだ。
おでん屋がならぶ横町に足を踏み入れても、なんだかこのまま引き返そうかと躊躇する。カウンター越しに呼ばれて、ようやく店に踏み込む。
この横町のおでん屋はみんな小さい。誰彼なしに話が弾むお店のカウンターに座り、地酒「磯自慢」を口に含ませた頃には、みなさん飲みトモダチだ。

静岡おでん。黒いおだしで色濃くなったおでんに鰹節の粉をかけ、青のりをふる。このお店のおだしには砂糖も味醂も使わないそうだ。だからひつこくない。

なかなかうまい。いい気になって、喜久酔をいただく。調子にのってハムカツを注文。厚みのあるハムカツよりは薄いハムカツが好みだけど、いい気分になってたせいか、厚みのあるハムカツもまたよろし。
またまた調子にのって臥龍梅というお酒をいただく。これが一番気に入ったかな。
お客も入れ替わり、鯔背なご老人に会う。ジェームス・ディーンの革ジャンに色鮮やかなパーカーを羽織り、白いシャッポの粋なご老人。背筋がピンとしててね、あんまりにもかっこいいんで写真を一枚いただきました。

「一期一会だね。貴方と話せてうれしかったよ。」
そういわれて、なんだか気恥ずかしくなる。静岡の粋な人のストレートな気持ちを受けて、少し酔ったかなと思った。

拍手[0回]

PR

2011/11/02 22 : 31
こめんと [ 2 ]
CATEGORY : [出張ごはん]
昨日たまたま通りがかりで、お腹も減ったので飛び込んだお店でした。
マルハのカルビ丼!ホテルの人に聞くと、このカルビ丼は地元では有名な超B級グルメだとか。あんまりおいしかったので、今日もまた食べに行ってしまいました。
このお店、カルビ丼しかない。この潔さがいい。カルビ丼専門店なのだそうだ。メニューはこちら。

安い!並と特盛との値段差がない。どんぶりは、特盛はなかなか見栄えがいい。半熟玉子を載せることもできるようだけど、とりあえずは基本を食べる。
 
これはほんとにうまかった。絶品という言葉にふさわしい。タレがご飯によく合う。つけあわせのキムチがまたうまし!
たんこさんは、饅頭が好きなので、カルビ饅も一個たべる。ま、これはこれでうまし。でも、カルビ丼食べたら、それでもう十分満足かな。
札幌では、なんだかイクラやカニやアスパラやバタジャガやホッケでもたべないといけない強迫観念にかられるけれど、これはわざわざ食べにくる価値ありと寄寓人はご満悦でした。

拍手[1回]


2010/12/27 21 : 54
こめんと [ 1 ]
CATEGORY : [出張ごはん]
今年は出張に次ぐ出張で忙しい一念でした。
年末だというのに、札幌に出張中です。お山はきっと雪がすごいんでしょうね。
ホテルから道庁が見えます。

札幌って、海の幸うまいし、野の幸うまいし、そりゃ出張もさぞかし豪勢でとうらやましがられる方もいらっしゃるでしょうが、仕事仲間と飲みに行くときは別にして、なかなかひとりでは邪魔くさくて、億劫で、お店でひとりで飲もうなんて気にはならないものです。
それでも滞在中に連れて行ってもらったジンギスカンのお店は秀逸でした。
札幌ジンギスカン しろくま」というお店ですが、お店の人によれば、道内でも本当の道内産のジンギスカンを食べさせるお店はほとんどないそうです。このお店は、道内産のラムを食べさせてくれるほか、オーストラリア産やアイスランド産のラムも食べることができ、味比べができました。いや、確かに道内産のラムはおいしかったけど、私はアイスランド産のラムもなかなか捨てがたいお味で、気に入りました。
サッポロビール園で食べるジンギスカンは、雰囲気もあって、とてもおいしい。「しろくま」は、がっつり食べるというよりも、味わいながら食べるジンギスカンでした。ちなみに、思いのほかお値段もお手頃で、これまた結構でした。

拍手[1回]


2010/12/26 12 : 29
こめんと [ 0 ]
CATEGORY : [出張ごはん]
日曜日にモスクワ2泊4日の出張から帰ってきたばかりというのに、今日からは土曜日まで札幌出張。今年はとにかく出張が多い。
北海道は寒いどぉ!道路に雪が少し残り、夕方には雨もありました。
とりあえず晩御飯を探しに札幌駅周辺へ。
札幌だし、ひとりっきりなので、今日はおとなしくサッポロラーメンかな。
ラーメン屋を見つけたけど、博多ラーメンとな。ん~、ま、いっか。というわけで、博多ラーメンのお店に入る。
たんこさんは、ラーメンとライスを注文する私にいつも驚くけど、ラーメンライスは私にとって黄金ペア。これなら太ってもいい!たいしてメニューも見ずに、その店の基本のラーメンとライスを注文。
札幌で食べる博多ラーメン。いや、なかなかうまかった。
お店の名前は「ばりきや」。どうも札幌を本拠地にする博多ラーメン屋らしい。
札幌にいくと、とにかく北の大地の恵みか北海の海の幸を食べたがるものだけど、たまにはこういうのもいいね。ラーメンにライスつけたから、替え玉を食べることができなかった。替え玉って選択があったら、ライスをあきらめてもよかったかな。ほかのお客さんが、「ばり硬」など様々に注文してたけど、私も試してみたかった。ごちそうさま。ほんとにおいしかった。

拍手[1回]


2010/12/01 20 : 21
こめんと [ 0 ]
CATEGORY : [出張ごはん]
モスクワのカフェのお話をひとつ。
地下鉄オクチャブリスカヤ駅近くに派手な面構えのカフェで、入口には旧ソ連の軍服を着たおじさんが招き入れてくれるカフェ、その名も「カフェCCCP」に入りました。

ボルシチやサリャンカと呼ばれるスープ類がなかなか美味でした。長旅で疲れて動かなくなった胃腸に悩まされながらのモスクワ出張でしたから、シーザーサラダとスープ類しか食べていませんが、お店の方々のお愛想もよく、胃腸にもほどよくやさしく、寄寓人もご満悦でした。

モスクワ最後の夜をホテルでひとり祝杯をあげるべく、キヨスクでビール「シビリスカヤ・コロナ(シベリアのコロナ)」を買いました。オムスクのビールで、私にとっては90年代から愛飲するビールですが、本日のシビリスカヤ・コロナはライム味です。メキシコのコロナビールにライムは不可欠ですが、シベリアのコロナは最初からライム入りということで、なんだかやっぱりメキシコのコロナビールを意識しているのかと、節操のなさにがっかりしますが、シベリアなんだから何でもありでいいかとも思い、ひとりグビリとラッパ飲みしました。でも、シビリスカヤ・コロナにライムなんてなくてもいいかな。

拍手[1回]


2010/09/19 04 : 53
こめんと [ 1 ]
CATEGORY : [出張ごはん]
仕事終わって、ひとり仙台の街をぶらり。仙台で働いていたとき、京都恋しく、京都のカレー屋バリやラーメン屋天下一品に通った。仙台のバリはなくなってしまったようだ。で、ラーメン屋に。残念ながら天下一品は遅くて閉まってた。
広瀬通りになにやら深夜にもかかわらず人の並ぶラーメン屋がありました。熊本ラーメン?!
ストレート麺も歯ごたえ、味ともよし!スープもしっかり味わい深い!おいしくいただきました〓



拍手[0回]


2009/08/27 02 : 03
こめんと [ 0 ]
CATEGORY : [出張ごはん]
12時46分発はくたかに乗り込みます。今週はたんと働いたのでご褒美に駅弁「すき焼風牛丼弁当」です。たくさん牛肉が載っています。源のお弁当は、私にはいつもなんだか一味たりないというか、大味というか、最後に飽きてしまいますが、おいしくいただきました。
魚津をすぎ、夏日の日本海が輝いています。



拍手[0回]


2009/08/26 13 : 04
こめんと [ 0 ]
<<前のページ | HOME |

忍者ブログ [PR]