忍者ブログ
CATEGORY : []
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/04/24 02 : 39
CATEGORY : [街のくらし]
本日は、いたち川の灯籠流しでした。毎年、この幻想的な風情は我が家の愉しみ。

まずはお地蔵さんにお参り。私たちは、かりんさんの誕生とたんこさんの母体を見守ってくれた子安地蔵さんにお参りしました。そういえば、昨年はまだかりんさんはたんこさんのお腹のなか。たんこさんは病院でつらい日々を送っていました。たいちさんもこの一年でとても成長しました。そういうことを考えさせる毎年の風情だ。あまり知られているわけではないけれど、この風情に出会った人は必ず魅了される。

たいちさんは、いいやつです。亡くなった月に召されたじぃじのために、お小遣いで灯籠を買って、流しました。「おつきさまでも、気にしていてね」だそうだ。月で親父も頷いていることでしょう。誰でも供養に参加できる。これがまたいい。
 
いたち川の灯籠流しには、八尾風の盆の踊りも恒例となっている。提灯に照らされた踊りは、またなかなか風情がある。男は鯔背に前に出る。女がさっと廻る。派手さはなく、静かに魅せる。
 
川の両岸の道路には、提灯が下がる。この提灯がまたいい。ヘタに広告付きでもなし、町名を誇示せず、きっぱりとした素朴な提灯が並ぶのだ。潔くてよろしい。

いたち川は小さな川だけど、街を調和し、味がある。ちょっとくねくねしたところがいい。灯籠がゆっくりと流れていき、やがて見えなくなる。両岸に均等に並べられた蝋燭が、その曲線を描く。いつまでもいつまでもでなく、移ろいがこの川の味なんだなと私は思う。

拍手[2回]

PR

2012/07/25 00 : 23
こめんと [ 0 ]
<<日曜の収穫 | HOME |山の宴>>
COMMENT
COMMENT WRITE















<<日曜の収穫 | HOME |山の宴>>

忍者ブログ [PR]